幸田駅1[13年1月大人の駅観察18]

岡崎から幸田にやって来ました。

名古屋寄りの相見駅ってワタシの記憶にはありません。調べてみたら昨年3月に出来た新しい駅なのですね。そりゃ知らないはずだ。




島式1面2線のこじんまりした駅ですが、朝晩は新快速も停車します。2番線外側に通過線があります。

ホームからは新幹線も見えますよ。

階段の支柱に太い円柱が使われていたりと、跨線橋は新しいですね。

ただ、ホーム階段に続いている上屋は小さいものの支柱にレールを使った古いモノです。

その向こう側、静岡寄りには待合室がありました。

垂直な柱はレール2本合わせ、レールを曲げずに屋根梁やホーム端側斜め補強とは突き合わせ溶接している東海地区によく見られる構造です。

跨線橋階段は踊り場付きでちょっと幅が狭いタイプです。

名古屋方面を向いて右手が駅本屋、ホームと駅本屋の間には1本通過線があります。

ムカシは貨物ホームだったのかな?
階段を上って跨線橋、幅が狭くてこじんまりしていますね。

もうちょっとだけ続きます。

「ブログ村鉄道模型」はコチラです。

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

カウンタ



Calendar

2018年5月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.1.1