三河一宮駅観察2[33]

三河一宮駅1番線に残る貨物ホーム跡には保線車輌が停まっていました。

現役時代に思いを馳せるのが好きなんだよな。



とはいえ、どの駅でも貨物扱いをしていた頃の姿って殆ど覚えてないんだよな。少なくとも三河一宮駅は比較的使用規模の設備だったようです。

豊橋寄り、2番線のホームがずれて配置されているコトが良く判りますね。

2番線側待合室、後付けっぽいですね。

1番線豊橋寄りから辰野寄りを記録、狭いホームなのに跨線橋支柱がミョーに太いコトが判ります。

駅本屋前にはベンチが2脚、静岡スタイルですね。

駅本屋は木造で、リフォームされているようですが基本骨格はオリジナルのままのようです。

流石に窓はアルミサッシに換えられていますがね。

名所案内、砥鹿神社だけとはちょっと寂しいですが....そんなもんか。

駅構内から駅本屋内を記録、簡易改札もなくてまぁシンプルですよ。

まだ続きます。

「ブログ村鉄道模型」はコチラです。

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

カウンタ



Calendar

2018年5月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.1.1