伊予長浜駅観察1[16]

伊予長浜駅は下車しての観察、交換するワケではないので下りながら駅本屋のある上りホームに降り立ちました。

単線区間ですからそのあたりは融通がききます。



早速駅本屋へ。予讃線旧線しかない時代の主要駅ですから待合室も広めで、今でも大事にされているようでした。

立派なきっぷ売り場とアルミサッシ化された荷物窓口、シャッターなどは取り付けられていません。

...と、トイレに行きたくなって用を足して出てくるとトイレの前はホームのような雰囲気です。

車止めがあったようにも見えます。一体どんな線路配置だったんだろう?

上の写真は駅本屋を出て右手・宇和島方ですが、反対の松山方はこんなカンジ。

大きな上屋が駅本屋との間まで伸びています。元々線路があってもおかしくないカンジなのですが、ちょっと有り得ないよな。
さて、駅本屋を出てまわりを観察してみます。右手には古い家屋がありました。

このあたりの木造家屋は黒い外壁の家が多いです。
駅本屋全景、なかなか立派な建物です。

向かって左手・松山方には貨物施設があります....が、コレじゃよくワカランな。

や、こうして窓口がシッカリ残っているだけで満足ですよ。

無人化は2010年だそうですが、こうして窓口が残っているというのは驚きですね。
まだ続きます。

「ブログ村鉄道模型」はコチラです。

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

カウンタ



Calendar

2018年5月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.1.1