徳島駅観察1[87]

高松から徳島にやってきました。降り立ったのは牟岐寄りです。

既に薄暗くなっている上に写真も斜めってますが、上屋の雰囲気はいい感じです。



駅構造は2面4線、3・4番線は島式ホームですが、1・2番線は単式切欠きホームとなっています。阿波池田方に主に徳島線が発着する1番線があります。

跨線橋は牟岐寄りと高松寄りに2つあります。牟岐寄り跨線橋は高松寄りと牟岐寄りの双方に階段があるのですが、現在は牟岐寄り階段は潰されてエレベータが設置されているようです。

この牟岐寄り跨線橋はただ古いだけでなく窓枠が木のままでした。

ガラスは新しく入れ替えられているようです。

2番線改札付近には昔懐かしいスタイルのkioskがありました。

駅蕎麦も並んでたりするとサイコーなのですが、隣は改札です。

ミョーに新しい待合室ではありますが、自動改札ではなくラッチが並んでいるのはいい感じです。
高松寄りの跨線橋は牟岐寄りよりも新しいようです。

3・4番線側脚柱は丸パイプ製ですし....

水平部もスレート葺きですし構造材もH鋼を使っているようです。

まだ続きます。

「ブログ村鉄道模型」はコチラです。

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

カウンタ



Calendar

2018年5月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.1.1