小野田駅観察5[62]

小野田駅跨線橋から1番線広島方外側を見てみます。

駐車場になっているというコトは貨物施設だった可能性が高いですね。調べてみると貨物駅は西側だとか、コレは東側だから貨物駅跡ではないのかな?



3・4番線に降り立ちます。左の3番線が小野田線、右の4番線は山陽線です。

下関方に進んで3番線側に壁のあるベンチ部分、小野田線が短編成なので3番線側を無視したような構造となっているのでしょう。

3番線から駅本屋側を見ると、柵があるもののホームとしての機能はほぼ残っているコトが判ります。

下関方場内、コチラ側は山陽線だけですので比較的シンプルです。

1番線下関方ホーム端付近外側にも広い駐車場が広がっているようでした。

ふむ、コチラの方が貨物ホーム跡っぽいな。
反対側の5・6番線、異なる上屋が続いているコトがわかります。

そろそろ上りホームに戻ります。3・4番線からの跨線橋階段上り口には妻板が貼られていました。

上りホームに降りて6番線外側、中途半端な所で側線が終端となっています。

外側には空地があります。

ココが石灰石など工業用の貨物ヤード、1番線側が小荷物を中心とした貨物施設だったように推測できますが、ホントのトコはどうなのでしょう?
まだ続きます。

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

カウンタ



Calendar

2018年5月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.1.1