角川駅1[95]

坂上からさらに南下し、R360からR471に入り、角川駅にやってきました。

読みは「つのがわ」です。打保駅同様のJR東海らしい新築された駅本屋です。



宮川の向こうにR471が走っています。

ホームは駅本屋よりも一段上がっています。

何もないところに階段がありますが、かつての駅本屋があった空き地でしょうか。
駅前には飛騨市のバス停がありました。

駅本屋内はコンクリート打ちっ放しで、ベンチが据えられています。

改札からは階段を上がってホームになります。

階段右手にはスロープもありましたが、コレは以前からあったような雰囲気です。

ホーム上って右手・富山方。駅構造は1面1線で、かつて使われていたと思われるホームが残っています。2面2線だったのでしょう。

反対の左手・岐阜方。

曲線区間にある駅です。
反対側ホーム裏には鳥居がありました。

まだ続きます。

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

カウンタ



Calendar

2017年3月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ランキング

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 駅・駅舎へ
にほんブログ村

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.1.1