飛騨国府駅1[105]

飛騨古川から高山に抜ける途中、山が迫ったところに飛騨国府駅があります。

小さな無人駅です。



駅本屋向かって左手・富山方には大きな構外跨線橋がありました。

左手には高山市役所支所があります。

駅前の道は静かで、突き当りはK476です。

駅入口の車寄せには新しい駅看板がありました。

駅本屋に入ると塞がれた駅員室があります。

改札左手にあるタイプです。
その左手、駅本屋入ってすぐ左手にはやはり塞がれた荷物窓口。

きっぷ売り場窓口の名残でしょうか、古い台が残っていました。

右手側は待合コーナーとなっていて、造付ベンチがあります。

改札横にベンチを据えるのは高山線特有の気がします。
伝言板も残っていました。

今は時折ローカル駅で見かける程度です。
まだ続きます。

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

カウンタ



Calendar

2019年5月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.1.1