飛騨国府駅2[106]

駅本屋は昭和9年10月竣工でした。

開業同時に作られた駅本屋です。



構内入って右手・岐阜方に....

左手・富山方。

駅構造は2面2線、線路の間の水路が積雪量を物語っています。
構内左手には閉塞器室。

改札すぐのところに構内通路跡と思われる跡が残っていました。

右手側には通用口跡があります。

名所案内に....

駅標。

窓がアルミサッシ化されているものの、なかなか趣のある駅本屋です。

現在は富山方に跨線橋があって、2番線階段付近には簡単な待合室がありました。

まだ続きます。

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

カウンタ



Calendar

2019年5月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.1.1