可児駅2[160]

可児駅の駅標です。

太多線は完乗していますが覚えがないなぁ。



1番線美濃太田方外側からは名鉄新可児駅がよく見えます。

新可児駅は頭端式の2面3線となっていました。

名鉄広見線の中間駅ではあるのですが、新可児駅でスイッチバックする形となっています。案内は私鉄っぽい雰囲気ですね。

一方でJR可児駅はちょっとのんびりした雰囲気です。

改札には簡易磁気改札機も設置されています。

路線図は太多線のほか、高山線・中央線・東海道線・関西本線に加え、米原以西のJR西日本も描かれていました。

自動券売機は塗装は違えどJR東にあるのと形は同じようです。

建物資産標によると大正7年竣工となっていますが開業当初はこの場所ではなかったはず、移設されたのでしょうか?

駅周辺は工事中で、駅前広場は足場パイプで斜線がつくられていました。

まだ続きます。

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

カウンタ



Calendar

2018年5月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.1.1