黒田原駅3[219]

1番線ホームから駅本屋・上野方を望みます。

1番線と駅本屋前とのゆったりしたスペースは古い駅であるコトを示しています。



駅本屋側の階段が改装されているものの、跨線橋脚柱はレールのままで、背の高い基礎があります。

反対の現2番線側、青森方にH鋼製の上屋がありました。

今は2面2線となっていますが、元々2面3線だったようで旧2番線は柵があります。また、1番線側のみ嵩上げされていて旧2番線は嵩上げ前の高さとなっています。

駅標は国鉄スタイルですね。

名所案内も然り。

1番線外側の青森方には貨物ホーム跡の延長線上に車庫がありました。

振り返ってホーム上屋。

現在は跨線橋付近までしか使われておらず、上野方には柵がありました。

再び跨線橋上がって駅本屋方、駅本屋並びのトイレ屋根はセメント瓦のようです。

まだ続きます。

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

カウンタ



Calendar

2018年5月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.1.1