黒田原駅4[220]

階段を下りて改札前、上屋は比較的新しいようです。

H鋼と角パイプ支柱となっています。



トイレとの隙間から青森方を見ると貨物ホーム跡と車止めが見えます。

付近に上屋の建物財産標、昭和39年の竣工です。

改札前の上屋は鋼製ですが、その向こう側の軒を支える支柱は木製でした。

跨線橋はありますが改札前にはかつての構内通路の名残も残っています。

きっぷ売り場付近には黒田原駅の愛称「だっぱら」の木彫り看板がありました。

シャッターが閉まっていますが自動券売機でしょう。

その上には路線図、黒磯を境に東北本線のラインカラーが違うのですね。

広い待合室は床も改装されてベンチも樹脂製独立タイプになっています。

改札側と待合室側の間には強度を持たせるためか上部に仕切りの壁がありました。

まだ続きます。

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

カウンタ



Calendar

2018年5月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.1.1