通津駅4[74]

R188から振り返って駅本屋側。

裏側に山があって言われないと駅だと気付きそうにありません。



構内戻って上りホームへ、駅本屋方外側を見ると近くまで民家が迫っているし、やはり貨物施設は無かったようです。

木製の電柱も多く残っています。「昭28.1」かな?

駅標。

山が迫っていて上りホームは狭くなっています。

その山側に何かの跡がありました。

明らかに石が積んであるのですが何だったのでしょう?

法面の刻印は苔生していますが1982-3でしょうか。

崖が迫った小さな駅でした。

通津駅はコレでオシマイです。

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

カウンタ



Calendar

2019年5月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.1.1