磯部駅2[12]

構外跨線橋から場内を見てみます。

駅構造は2面2線、中央に通過線があったようなスペースがあります。



駅本屋側に戻って高崎方に進んでみました。

旅客ホーム外側は貨物扱いをしていたような跡があります。今は駐輪場になっていますが側線があったのでしょう。
駅本屋側を見ると車止めがあったような雰囲気です。

駅本屋向かって左手は、壁が改装されているものの造り自体は古そうです。

とはいえ、建物財産標は見つけられませんでした。
駅前には周囲の案内図。

駅本屋はだいぶ綺麗に改装されていて、待合室も明るく綺麗になっていました。

1時間に1?2本の運転です。

広い駅前ロータリーの中央にはオブジェがありました。

温泉記号発祥の地だそうです。

磯部駅はコレでオシマイです。

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

カウンタ



Calendar

2018年7月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.1.1