K143[6]

[千葉県道145号長浦上総線 その6]

立派な民家のそばには他にも道祖神がありました。

コチラはだいぶ新しくて明治11年です。



立派な民家は2軒並んでいました。時代劇に出てくるような門ですね。

庭木の手入れもシッカリしています。

進行方向に青看が見えてきました。

T字路でK143と合流します。

K145は左折して少しの間K143と重複区間となります。

K145がココまでのようにも見えますが違いますよ。

少し前に歩いた道を逆に進みます。

このあたりで少々休憩、約8,000歩、6キロ弱歩きました。

少し進むとK143県道標。さすがにK145県道標までは建てられていません。

まだ続きます。

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

カウンタ



Calendar

2019年1月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.1.1