R465[13]

列車がやってきたのは交換のためでした。

上りが先に発車していきます。



再び歩き始めます。

構外から駅標を記録。

再び踏切までやってきました。

今回はK157側に進むのではなく....

R465を富津岬方面に進みます。

青看を見る限り、K157がどこからスタートしているのか判りません。

国道標がありました。

千種境バス停。

反対車線にも国道標、地名は篠部です。

まだ続きます。

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

カウンタ



Calendar

2019年11月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.1.1