川間橋[13]

[千葉県道81号市原天津小湊線 その5]

いかにも山の中のような地名の「藪」ですが、周囲には家が点在し始めています。

時折集落があるようです。




消防団、南総支団第12分団の詰所がありました。集落の証ですね。

進むと再びヘキサ、地名はまだ藪です。

川の向こう側、斜面を切り開いて田んぼにしているようです。

道は緩く左右に曲がり、また緩くアップダウンを繰り返します。

登っていたのは橋があったからですね。川間橋です。

養老川はこの付近でもすでにかなり下を流れています。千葉県は砂岩質なので浸食が大きいのでしょう。

橋の左手に古い支柱が見えていました。

ダム放流の注意、高滝ダムが緊急放流されたらサイレンが鳴ったのでしょう。

温暖な千葉県も12月に入るとだいぶ色づいてきますよ。

まだ続きます。

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

カウンタ



Calendar

2020年1月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.1.1