鶴舞学習乃館[28]

[千葉県道284号鶴舞牛久線 その5]

左手にハウスと木造軸組がありました。

風で飛ばされて軸組だけになってしまったようにも見える一方で、ハウスはシッカリしていますから手入れされているようにも見えます。とはいえ、休日にもかかわらずひと気もないので営業はしていないようです。以前はもう少し活気があったように思えるんだけどな。




まだ登ります。

富岡バス停。

この手前でポッポっと雨が降り始めたのですが、少し雨脚が強くなったので木立の下で少し様子見します。坂の下り側に....

登り側。これ以上雨が強くなると逃げる所もないし困りました。

少し雨が弱くなったので再び歩きます。何となく坂が終わりそうな気配がします。

よう登ってきたな。

鶴舞に所縁の方のようです。

暖かい房総とはいえ、12月になれば紅葉も色づいてきます。

鶴舞学習乃館、鶴舞陣屋跡のようです。

まだ続きます。

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

カウンタ



Calendar

2020年1月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.1.1