青面金剛[3]

[千葉県道179号船橋行徳線 その2]

地上に出たらすぐに道路と交差します。

渡ってからR14側を振り返ります。案内標識の類が何もなくてわかり辛いですね。




進行方向も道が細くてわかり辛くなっていますが、交差点を右折していきます。

細い道が続きますよ。

進むと総武線の線路を挟んで反対側・南口側の武蔵野線高架が見えてきます。

で、くぐります。

更に歩道もない道を進みます。

周囲は住宅も多いのですが、昔ながらの道のようでカーブが続きます。

左手に墓がありました。

青面金剛碑、文政元年(1818年)のモノです。

三猿の彫られた庚申塔もありました。

まだ続きます。

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

カウンタ



Calendar

2020年4月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.1.1