銀河の旅’07.2

数少ない客車列車の旅をご紹介していましたが、もう一つ忘れていました。や、引っ掛かってはいたのですがご紹介するタイミングが無かったのですよ。
首都圏で見るコトの出来るオーソドックスな夜行列車の一つですね。

個室が無い、というのはポイント高い鴨。乗る立場からすると個室の方が何かと便利だったりするのですが、一昔前には個室なんて無かったですからねぇ(^^;


牽引機はEF65じゃないとねぇ....どうもEF66牽引の「ふじぶさ」は気に食わんのですよ。

どうせロクに寝ないだろう、とB寝台をチョイス。

乗ったのはオハネフ25 132でした。

この時は大阪から乗りました。となると、当然ツマミは蓬莱(^^;

酔っ払う前に寝台を観察します。下段に....

上段。

中段があった頃は何とも窮屈でしたね。子供心にそう思ったのですから、大人はさぞ窮屈だったことでしょう。
一応米原までは頑張っていましたが....

酔っ払って寝てしまいました。起きた時には既に品川。

画像のタイムスタンプを見ると2/3、東京着は6時台ですからまだ薄暗いです。

こんな姿や....

こんな風景が見られなくなると思うと辛いですね。

末永く走ってもらいたいんだけどなぁ....

Comments [4]

ぼうずさん、こんばんは。

サラリーマン時代の大阪出張で、これを使っとけばと最近は後悔してます。
当時は新大阪の駅でお好み焼き食べて、551とビールを買い込んでの帰路でした。

東海道の寝台列車には正統派のEF65が似合いますね♪

最後くらいふじぶさか銀河、535が牽いてもいいかも?

やっぱり存続させるのは難しいのかなあ

>目黒のダンボさん

今は銀河使うのってゼータクなんですよね。夜行で帰ってくる場合、一番安いのはサンライズのノビノビ座席でしょう。でも客車列車って味があるんだよな。

>まんぼうのすけさん

やはり難しいのでしょうね。車輌にとっては難しいコトは無いでしょうが、夜行が少なくなって交替組むのも難しくなってきてるのではないかと。利用率がそんなに低いワケでも無いのだから続けて欲しいですけどね。

を、P型牽引、いいですねぇ。
一旦廃止にしてP型牽引の「復活銀河」なーんてのを臨時で走らせたりして。乗車率高くなるのは判ってるコトだし、今のJRならやりかねないな(^^;

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

カウンタ



Calendar

2018年5月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.1.1