その24?八甲田丸5

10月の青森遠足のハナシですよ。

船内にポイントがありますが、既に埋められていました。

それでも雰囲気は判るな。


DD16の説明書き。まだ若い車輌なのに勿体無いですね。

先程外で見ていた意味不明の貨車も展示されていました。「ヒ600」、控車だそうです。「ヒ」という種別があるのは知っていましたが、実物見るのは初めてですよ。

へー、そうですか。

順路通りに進むと階段を下りて機関室へ。

「工場萌え」ではないですよ。
4基のディーゼル機関で1本のシャフトを駆動していたのですね。で、それが2対ある、と。凄いなぁ。

更に進むと電気系統パネル。

制御系はやはりアナログっぽいな。

レコーダー類も年代を感じさせます。

とはいえ、遮断機類は今もメカスイッチのはずですから、デザイン以外は今もこんな雰囲気のはず。

時代を感じさせるのは....天井のせいかな?
続きはまた明日。
 
 
「ブログ村鉄道模型」はコチラです。

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

カウンタ



Calendar

2018年5月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.1.1