その31?津軽線6

しつこくキハ40観察@三厩駅。盛岡色キハ40なんてそうそう観察できませんからねぅ。

貫通路部分です。

それ程車輌の数も多く無いでしょうから、半ば固定編成のようなモンの気がしますが、実際はどうなのでしょう?


普通列車用の車輌でもちゃんと「くずものいれ」なんてのが準備されていたのが「国鉄クォリティー」ですよね。

運転席を覗いてみました。

ふむ、割と視界は狭いのですね。デフロスタが冬の厳しさを物語っています。雪のある時期に来たいなぁ。
助手席側は開放されていました。

椅子こそなかったのですが、その昔、高崎線も助手席側は開放されていたような気がします。や、勘違いかな?
室内に入ってすぐの雰囲気、「国鉄型」の2扉車ですね。

振り返って天井付近。

キハ40の「小さい窓」の部分は寂しい椅子になっています。

また車外に出てお顔を。

ジャンパ栓回りも何かの参考に。

いかにも終着駅の雰囲気ですね。

まだ観察しちゃうんだな、コレが。
続きはまた明日。
 
 
「ブログ村鉄道模型」はコチラです。

Comments [2]

確かに高崎線115系で助手席側解放されていました。
そこが好きな人もいたようです。一人の世界に入れるから?
運転席の速度計に見入った記憶も有ります。
只見線のキハ40も助手席側解放でした。(アップした動画にも2両目から顔出している人が写っていました)

サービスの一環だったのか、おおらかな時代だったのか....今となっては懐かしいですね。

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

カウンタ



Calendar

2018年5月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.1.1