大貫駅観察2[12年5月房総駅めぐり11]

大貫駅の千葉寄りにある駐車場の線路寄りを観察してみます。

貨物ホームやヤードの残骸は残っていませんが、わざわざ線路わきにこんな広場を設けるというのも不自然ですよね。




線路と反対側・海側にはいかにもヤードがあったように膨らんだ敷地境界となっており、おまけに地下道入口まであります。

やっぱり何だか怪しいんだよな。
このあたりから駅前ロータリーを記録してみます。

植わっている木はかなり育っていますから、このあたりに境界があったんじゃないかなぁ。
館山寄り広場は駐輪場になっていました。

ココは貨物施設というコトはなさそうですが、ちょっと広いですよね。もう少し歴史を調べてみるかな。
今回の観察は大貫駅で終了です。今後も定期的に観察するコトが肝要ですな。

「ブログ村鉄道模型」はコチラです。

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

カウンタ



Calendar

2018年5月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.1.1