北上駅観察4[12年5月ちょっと遠出25]

しつこく北上駅を観察しています。レール方向支柱間トラスからの上屋支持ステーはレールを曲げたモノを使用していました。

上屋屋根梁にもレールが使われていますね。Nスケールでこのあたりまで再現するのは楽しそうではありますが、このような角度から見上げませんから労力が報われるコトは無さそうです。




2・3番線を上野寄りに進んでみました。奥の支柱はレールを使っていますが手前はH鋼ですね。

レール方向にある支柱間トラスも支柱がH鋼の部分にはありません。

強度云々ではなく、テルハ遺構と思うのですがどうなのでしょう?
妄想していてもしょうがないので他を観察。信号は横手方と青森方、分岐点ですもんね。

盛岡寄りに移動して0番線を観察します。

切欠き部は結構忙しい構造になっているのですね。

黄色の警戒塗装がそれっぽいですなぁ。
で、0番線のホームは古いんだか新しいんだかよくわからないし。

どうして真ん中だけブロック積みになっているのでしょうね?
盛岡寄りホーム端は継ぎ足されたような感じでした。

ホームは手すりではなく鋼板で仕切られています。奥に見える大きな建屋はホテルメッツ、というコトはコチラにも線路があったのでしょうか?

在来線ホームは大体見尽くしたので新幹線側の東口に行ってみました。

新幹線乗換口と東口出口があります。コチラ側は出ても面白くなさそうなので戻りますか。
まだ続きます。

「ブログ村鉄道模型」はコチラです。

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

カウンタ



Calendar

2018年5月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.1.1