興津駅観察2[12年11月大人の遠足・駅19]

興津駅の駅標を記録しておきます。

この区間は新駅はないですね。




改札は自動改札、ちょっと殺風景ですね。

構外から構内を見た様子、やっぱり構内が直接見渡せる駅って好きです。

改札左手に切符売り場と自販機。

kioskはありませんでした。
駅前は駐車スペースも狭く、それでも店がいくつかありました。

古くからの街なのですね。

駅前は見るモノも少ないので構内に戻ります。
跨線橋の脚が特徴的ですね。

レールを綺麗にU字に曲げて補強としています。

改札前の上屋はレール製の見事なモノでした。

跨線橋で2・3番線に戻ります。富士山は....

ちょっと山陰に隠れていますね。
さて、上り電車を待ちます。あ、1番線のホームに歴史が刻まれていました。

綺麗な上屋になっていても古いモノが残っていると嬉しくなります。
コレで興津駅はオシマイです。

「ブログ村鉄道模型」はコチラです。

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

カウンタ



Calendar

2018年5月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.1.1