呉線の旅[24]

広までは通勤路線っぽい雰囲気でしたが、広からは乗ったのが105系というコトもあってノンビリと進みます。2つ目の安芸川尻では12分の長時間停車です。

駅観察もしていますが....狭いホームですね。




ココでは快速清盛マリンビュー2号と交換します。前面にイロイロとくっ付いているのですね。

こんな交換風景を見られると思いませんでした。

キハ47 7001、7000番台は以前広島にて見た気がします。

終着三原の一つ手前、須波駅でも交換のため4分間の停車です。

この駅、対向式ホーム2本なのですがちょっと変わっています。三原方面ホームに出口がありますが....

駅本屋は広方面ホームにあります。

で、2本のホームを結ぶ跨線橋もなければ構内踏切もありません。車掌さんに反対側のホームに行く方法を聞いたら
「出口を一度出て線路をくぐってから反対側のホームに行くんです」
へぇ、そんな駅があるのですね。
ホームはビミョーに曲がっています。

昔ながらの白線で、点字ブロックも設置されていません。何だか懐かしいカンジがしますね。
須波から6分ほどで終着三原に到着です。

3番線に三原発岡山行きが待っていますが....

コレに乗るのではなく、もっと早い電車に乗り換えます。時間が無い、急ぎましょう。
まだ続きますよ。

「ブログ村鉄道模型」はコチラです。

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

カウンタ



Calendar

2018年5月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.1.1