安芸川尻駅観察1[12年10月大人の遠足・駅44]

広駅を発車した呉線三原行きは安芸川尻で長時間停車となりました。

おお、思いがけず駅観察が出来ますよ。




小さい駅ではありますが、側線があってマルタイが停まっていました。

レール運搬車....は房洲軽便には必要なさそうだな。

ココにもホームがあるようにみえますが....ひょっとしたら貨物扱いホームだったのかな?
旅客ホーム幅は結構狭くて模型のようです。

跨線橋は房総でよく見られる道路の歩道橋のように屋根も壁も無いタイプでした。駅の様子がよく見えます。

三原寄り、駅を出たらすぐに単線に戻っています。

狭い所に駅を押し込んだような雰囲気ですね。
駅本屋は古いんだか新しいんだか判らないような雰囲気です。

駅前は狭くて車はナシ、それでも店がポツポツとありました。

簡易自動改札も設置されていますが、友人改札も残されていてちょっと懐かしい雰囲気です。

きっぷ売り場、路線は色分けされていました。

まだ続きますよ。

「ブログ村鉄道模型」はコチラです。

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

カウンタ



Calendar

2018年5月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.1.1