沼津駅観察1[12年11月大人の遠足・駅31]

駅観察だけで30回目になりました。今回はよう駅観察してるなぁ。

吉原の次は沼津駅を観察です。

上屋が見えますが、中央に柱があってかつトラスも中央にあるちょっと珍しいタイプの上屋になってました。




沼津というともう首都圏に入ったような気になりますが、JR東海の駅ですから車輌もJR東海ばかりですね。

やっぱり珍しい支柱の気がするなぁ。スパンがそんなに長いワケでも無いようで、トラスを中央に入れている理由がよく判りませんね。

跨線橋脚柱は太い角パイプになっていますが、改装されたのでしょうか?補強材としてレールが使われていました。

ホームによって上屋の構造も異なっていて、コチラは枕木方向に2本の支柱があって、支柱間にはトラスを組んでいます。

一方で到着した3・4番線は木造の上屋でした。

こんなに構造が違うのも珍しい気がしますよ。
木造の上屋は梁が美しいですね。

跨線橋を上ってみましょう。北口側は幅が狭くなっていました。

南口側が栄えているのですね。

ちなみに北口は深夜時間帯に閉鎖されているようです。

まだ続きますよ。

「ブログ村鉄道模型」はコチラです。

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

カウンタ



Calendar

2018年5月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.1.1