愛知御津駅1[13年1月大人の駅観察27]

三河三谷から次にやってきたのは愛知御津駅です。

後ろ寄りに乗ったので名古屋寄りから静岡寄りを臨んでいます。




2面3線のオーソドックスなローカルスタイル、名古屋寄りホーム端は嵩上げされていません。

名古屋方面を記録、踏切の向こうに事業車が留置されている引込み線があります。ちょっと不思議な構造ですね。

跨線橋が新しくなってるのが惜しいな。

下り電車がやってきました。3番線を使うのですね。

2・3番線の上屋は記録するほどのものでも無いですね。

一方で1番線の上屋は古くていい雰囲気です。

跨線橋階段付近はH鋼製の新しい上屋ですが、駅本屋付近は木製のいい上屋ですね。

更に静岡寄りに進んで駅本屋を過ぎると「岡崎信号通信区愛知御津詰所」がありました。

それを過ぎると1番線外側は駐輪場。

今は駐輪場ですが、元は貨物取扱設備っぽい雰囲気ですね。
続きます。

「ブログ村鉄道模型」はコチラです。

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

カウンタ



Calendar

2018年5月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.1.1