富田浜駅1[13年3月大人の駅観察27]

富田駅を観察後に仕事に向かったのですが、帰るまでの間に富田浜駅も観察できたのでご紹介。

富田の次の駅で、この駅の名古屋寄りから次の四日市駅までの間は複線となっています。



無人駅で券売機も設置されていません。調べてみると昭和45年には既に無人化されています。
無人化の時期が遅いと券売機設置工事で古いきっぷ売り場窓口が潰されてしまいますが、無人化の時期が早かったためにきっぷ売り場窓口が潰されずに奇跡的に残っているのですね。

きっぷ売り場左手は荷物取扱窓口だったと思われますが、時刻表を掲示するパネルで潰されていました。

ベニヤを打ち付けてるような気もしますが、外すと窓口が出てきたり....しないかな?
待合室は壁際に長いベンチが設置されているだけでガランとしています。

さて構内、ホームは2面2線で直線です。

一つ手前の富田駅から四日市市ですよ。

ホームは長く、四日市寄りホーム端は嵩上げされていません。

使われなくなって久しい駅本屋、窓枠が木製ですね。

駅本屋には防犯カメラが設置されていました。

時計もあったようですが取り外されていますね。
改札は簡易改札機が設置されているだけでした。

ワンマン運行が殆どですから簡易改札機で十分なのでしょう。
まだ続きます。

「ブログ村鉄道模型」はコチラです。

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

カウンタ



Calendar

2018年5月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.1.1