松坂駅観察パート2[26]

尾鷲から上り列車に乗って多気で快速「みえ」に乗り換えたら、松坂で少々停車時間がありました。

到着した1番線を観察していきましょう。



多気寄りに進んでいくと跨線橋・エレベータがありその向こうに柵が見えます。

エレベータの後ろに回り込むと、切欠きホームのようにホームの一部が欠けており、その部分の線路は撤去されているコトが判ります。

切欠き部付近から亀山寄りを記録、何となく1番線の構築物配置に違和感を感じます。

特にエレベータ脇、跨線橋階段部分は中途半端な所に上屋がありますね。

亀山寄りに進むと改札前に大きな上屋がありました。

但し変なトコに支柱が立っていますね。
駅本屋寄りには「駅そば」ならぬ「駅うどん」があります。

まさか「伊勢うどん」じゃないよな。
更に亀山寄りにはまた中途半端な所に上屋がありました。

レール方向にトラスを組むのではなく、レールを渡していますね。

この上屋はやはりだいぶ引っ込んだ位置にありました。

調べてみると元々の1番線の部分を埋め、元の2番線の位置を1番線としているのでした。ちなみに2番線はそのままですから、1番線と2番線はレールを共用しているそうです。時間が無くてこの位しか観察できませんでしたが、もう少し観察したい駅でありました。
松坂はコレでオシマイです。

次は津=>「ブログ村鉄道模型」はコチラです。

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

カウンタ



Calendar

2018年5月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.1.1