新城駅観察1[38]

野田城駅に続いて観察するのは新城駅です。

野田城とは違って結構停車時間がありますからゆっくり観察できますよ。



後ろの車輌に乗っていたので、まず目に付いたのは豊橋寄りにある跨線橋です。

何の面白味もない跨線橋ですね。牛久保のように構内通路を潰して跨線橋にしたのでしょうか?
3番線側豊橋寄りを記録、外側に側線が1本あります。

振り向いて辰野寄り、外側の側線は殆ど使われていないようです。

では1番線・駅本屋に移動します。

古くてヨサゲな駅本屋ですね。
階段を下りて振り返ると貨物ホームを転用した保線車輌区になっていました。

1番線からは乗ってきた車輌もよく見えますよ。

1番線を豊橋寄りホーム端まで進んで車庫を記録。

小規模ながらも車庫まであるとは飯田線沿線の保線需要の高さが故でしょうか?
線路端は舗装されていて、遮断機の遺構が放置されていました。

ちょっと引くとこんなカンジ。

貨物ホームではなくてスッカリ保線区になっていました。
まだ続きます。

「ブログ村鉄道模型」はコチラです。

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

カウンタ



Calendar

2018年5月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.1.1