新城駅観察3[40]

新城駅構内に戻ります。構内から駅本屋豊橋寄りのトイレを記録。

切妻造りの妻側を半分にしたような構造であるコトがよく判ります。



上の写真手前に写っている名所案内、別に無くてもいいんじゃないかと思うような寂しさですね。

跨線橋を渡って2・3番線へ。ホームの狭さがよく判ります。

2番線から豊橋寄りを記録、ホームの幅の割に構内は広いですね。

旧国引退後は魅力的な車輌も無くなってしまいました。しばらくすると総て313系に置き換えられてしまうでしょうから、この213系ですら貴重と思える日も近いのかも知れません。

新城駅はコレでオシマイです。

「ブログ村鉄道模型」はコチラです。

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

カウンタ



Calendar

2018年5月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.1.1