東十条駅観察1[14]

始発・終着となる電車も多い東十条駅です。

大宮方ホーム端は北口改札への階段があります。



北口前連絡橋の支柱は日暮里駅上野方に掛かっていた跨線橋同様、同形状のレール製脚柱を何本も使ったタイプですね。

北口階改札への脚柱はモルタルで化粧されていますが、素人なのでRCなのか化粧モルタルなのかよう判りません。

駅は島式ホーム2面3線で、2番線と3番線は線路を共用するようになっています。

桜木町駅も同じスタイルですね。
北口階段の少し上野寄りにはエスカレータが増設されています。

エスカレータよりも少し上野方までH鋼製の新しい上屋支柱となっています。

駅標、京浜東北線しか停まりませんが何故かラインカラーが表示されています。

ホームは緩くカーブしています。

3・4番線側ホームのみホーム中央付近から支柱がレール製に変わっています。
3番線は到着専用で行先表示はありません。

H鋼製支柱からレール製支柱に変わる部分、基本は中央支持1本タイプなのですが両端支持2本タイプとなっている所が繋ぎ目となっていました。

まだ続きます。

「ブログ村鉄道模型」はコチラです。

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

カウンタ



Calendar

2018年5月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.1.1