海士有木駅観察1[2]

上総村上の次にやって来たのは海土有木駅です。

「あまありき」と読みます。飯給(いたぶ)と並ぶ小湊鐡道難読駅ですね。



駅本屋の中を覗いてみます。

あ、荷物窓口もちゃんと残っているのですね。何度か来ているのですがすっかり忘れてましたよ。
きっぷ売り場の窓口はちゃんと残っています。食券券売機みたいなきっぷ券売機は上総村上同様です。

改札周辺、駅員窓口は木枠ですね。

ラッチは木製、小湊は殆どこのタイプだったと記憶しています。
駅員室内、まだ人の気配が残っています。

ホームは少し高くなっていて階段状になっています。

改札前には無人化の案内が掲示されていました。

では構内、階段で上りホーム、左に進んで構内通路で反対側のホームに進むと下りホームとなります。

駅構造は対向式2面2線となっています。

上りホームから駅員室を記録。

窓も扉も木枠なのがステキですね。
まだ続きます。

「ブログ村鉄道模型」はコチラです。

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

カウンタ



Calendar

2018年5月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.1.1