有楽町駅観察3[31]

品川寄りホーム端に戻ってきました。

3・4番線側はホームが見えず、1・2番線が品川寄りにずれているコトが判ります。



品川寄りは道路を跨ぐ橋となっていて、拡張する余裕がなかったのではないかと思います。

こうして観察すると都会の駅って結構アクロバチックな構造になっているのだな。
コレで6月に観察した近郊駅巡りはオシマイです。駅も時々刻々と変化していて、今しか出来ない観察もあるコトが判りました。またポツポツと観察しましょう。

「ブログ村鉄道模型」はコチラです。

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

カウンタ



Calendar

2018年5月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.1.1