里見駅観察2[12]

里見駅五井寄りの踏切にやって来ました。五井寄りから養老渓谷側を望んでみます。

一番左が貨物線、その右が下り本線、その右は島式内側の留置線で車止めが見えます。車止め右が上り本線となっています。



五井方を望んでみます。

右に分岐するのが貨物線、左に分岐するのが上りホームからの線路です。
島式ホーム付近を踏切から記録、2番線に当たる部分が車止めがあって五井側からは進入出来ないようになっているコトがわかります。

島式ホームは3番線側だけが客扱いするように柵が設けられていますね。

貨物線と貨物ホーム付近を記録、取り外された転轍機が転がっていました。

駅本屋・下りホームと上りホームとは構内通路で結ばれているのですが、小湊にしては珍しく遮断機が設置されていました。

貨物ホームをもう少し観察しましょう。この角度で見るとムカシと変わってないな。

貨物ホームは地面に戻りつつあるような感じですね。

放置されている転轍機軍団、ほちいな。

なかなか列車がやって来ないので目的も無く写真撮ったり。

と言いつつ、よく見るとホーム拡張せずにオリジナルの姿を保っているとか、ホーム上の支柱は木製だとか、イロイロと発見はありますね。
まだ続きます。

「ブログ村鉄道模型」はコチラです。

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

カウンタ



Calendar

2018年5月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.1.1