北伊予駅観察3[12]

北伊予駅2番線ホームの線路と反対側のホーム端を記録しておきます。

単なるホーム端ではなくてコチラにも線路があったようなキッチリ処理されたホーム端のように見えますね。



このキッチリした末端処理が宇和島方まで続いています。

ただのホーム端ならばココまでコストを掛けないと思うのですよ。以前は2番線側は島式ホームで2面3線構造だったんじゃないかな?
1番線側・宇和島方のホーム断面も確認しておきます。

嵩上げされた部分よりも宇和島方は簡単な土留め板があるだけでした。
さて、2番線には簡単な待合室が設置されています。

角パイプを使った面白みは無い上屋ですね。
貨物施設側には絵に描いたような古い詰所が残っていました。

窓がアルミサッシに換えられてしまっているのがちょっと惜しいですね。
3番線があったと思われるホーム外側、中途半端に斜めに停めるような駐車場になっています。

駅標を記録、予讃線ではありますが路線略称はYではなく、松山から先は宇和島・内子の頭文字Uとなっています。

松山市街というコトもあって高い建物こそありませんが、そこそこ住宅が広がっています。

松山方もそれなりです。このような地域を走るにもかかわらず、列車が少ないのは鉄道の地位低下を感じちゃいますね。

細い跨線橋橋部を記録して再び1番線側に向かいました。

まだ続きます。

「ブログ村鉄道模型」はコチラです。

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

カウンタ



Calendar

2018年5月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.1.1