下灘駅観察1[21]

伊予長浜から折り返して上り松山行に乗り、下灘駅で下車しました。

超が付くほど有名な駅ですが、こうして見るとたいしたコトないな。って、規模が大きくて有名なワケじゃないのでアタリマエか。



上手く撮れていませんが駅の下には道路があってその下はすぐ海、海が近くてステキな駅ですね。

今はR378新道が海側に通ってしまいましたが、以前は山側の旧道しか無くて下はすぐに海でした。利便性は上がったのでしょうが景観的には×だな。
乗ってきた列車は松山に向けて発車していきました。瀬戸内の海は静かなですね。

さて、今は1面1線になってしまいましたが、以前は1面2線でした。駅本屋側は埋められています。

駅本屋内、小さいながらも待合室がちゃんとあります。

青春18きっぷのポスターに何度も登場した風光明媚な駅であり、待合室にはかつての繁栄が記録された写真が掲示されています。

1面2線というより駅本屋側もホームとなっていて2面2線・1番線は島式と対向式共用だったような雰囲気です。

やー、長閑ですね。

上屋は規模の小さいレール製、ホームも狭いので中央支持タイプです。

妻にもちゃんと板が張ってあるのはよく見るタイプです。
上屋は1スパンのみで造り付けのベンチがありました。

まだ続きます。

「ブログ村鉄道模型」はコチラです。

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

カウンタ



Calendar

2018年5月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.1.1