下灘駅観察2[22]

下灘駅の小さな上屋は中央支持タイプでレール製でした。

潮風に吹かれているせいか点々と錆びている所が何とも言えません。



埋められた元2番線の宇和島方、山と海にはさまれた割にはそれなりの規模で作った駅のようです。

松山方、線路を埋めた跡にはプランターを置いたり花を植えたりと大事に保守されています。

宇和島方貨物線跡、さすがに小規模です。

ホームには基礎跡がいくつか残っています。

貨物線跡も埋められていますね。

空が広くて気持ちのいい駅です。

かつての貨物線車止めと思われるあたりを記録、とにかくプランターが多くて綺麗に使われています。

ホーム越しに見える瀬戸内の海も綺麗だしな。

かつての1番線相当・駅本屋のあるホームにはまだ白線も残っていました。

誰もいなくて静かでいいな。
まだ続きます。

「ブログ村鉄道模型」はコチラです。

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

カウンタ



Calendar

2018年5月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.1.1