八幡浜駅観察1[31]

八幡浜駅も跨線橋は宇和島方にありました。

残念ながら窓はアルミサッシ化されていますが、古くていい跨線橋です。



駅構造は単式1面に島式1面のオーソドックスな2面3線構造です。1番線と2番線の間に中線があって立派な駅です。

2番線から見る1番線・駅本屋もいい雰囲気ですね。
跨線橋支柱はレール製でいい雰囲気です。

宇和島方から跨線橋を記録、伊予大洲駅の跨線橋とは異なって筋交いにL字アングルでなくレールを使っています。

それだけ規模が大きいというコトなのでしょう。
1番線脚柱は物置として使われています。

八幡浜駅のステキな所は跨線橋寄りホーム上屋が木製であるコトでしょうか。

垂直な支柱は茶色とし、屋根に近い所をクリーム色にするコトにより重厚感を出しつつ重くなり過ぎるコトを防いでいるようです。
いい雰囲気ですね。

1番線駅本屋前の上屋支柱も木製となっています。

松山寄りには鋼製の上屋も増設されていました。

残念なコトに貨物ホームは無くなっていそうだな。
2・3番線も松山方に鋼製の上屋があります。

鋼製の上屋は後付けなのでしょうが、何故木製上屋とわざわざ離れたトコにあるのでしょうか?ひょっとして松山方にテルハがあった名残なのかな?

まだ続きます=>「ブログ村鉄道模型」はコチラです。

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

カウンタ



Calendar

2018年5月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.1.1