八幡浜駅観察3[33]

八幡浜駅跨線橋から宇和島方を望みます。

使われている線路と使われていない線路の輝きが全然違いますね。



1番線への階段、階段部も綺麗に保守されています。

1番線上屋は2番線から観察したように木製でした。

色使いも2・3番線上屋と同じですね。
2番線に停車中の列車を記録、山が近いのですね。

改札のラッチはステンレスむき出しではなく化粧が施されていました。

ムカシはこんな駅多かったよな。
駅本屋と松山方建屋の間には通路があります。

貨物用出口だったのでしょうか、地方の駅ではよく見る通路ですね。
更に松山方にはブロック積みの危険物倉庫があります。

北国で見た時には暖房用灯油を保管しているのだろうと思ったのですが、暖地にもそれ程規模の変わらない倉庫があるのですね。ナニ入れてるんだろ?
この倉庫は貨物線車止め跡のすぐ脇にあって、松山方には駐車場が広がっていました。

大きなビルが建っていますが、ココも貨物施設だってのでしょう。
戻って松山方から駅本屋壁面を記録、「出っ張り」が2つありますよ。

では改札を出ます。待合室は高い天井の待合室ですね。

列車案内の電光板が無いとシンプルで美しいですね。
まだ続きます。

「ブログ村鉄道模型」はコチラです。

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

カウンタ



Calendar

2018年5月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.1.1