国府津駅観察[3]

以前国府津駅は熱海寄りを中心に観察したので、今回は東京寄りを観察します。

東京寄りにはホーム間を連絡する跨線橋があります。改札に向かうなら地下連絡通路を使うでしょうから乗換専用と言ってもいいでしょう。H鋼製、窓がないオープンタイプの跨線橋です。



今回は東海道本線から御殿場線に乗り換えるので1番線から3番線へ。

3番線ホーム東京方上屋はH鋼性で面白くないタイプです。

やはり国府津駅と言えば4・5番線熱海寄りのレール製上屋がいいですな。

最後に熱海寄りにある駅本屋を記録してオシマイです。


国府津始発の電車もそこそこあるので、東海道線乗り鉄の際にはまた観察する機会もありそうだな。。

「ブログ村鉄道模型」はコチラです。

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

カウンタ



Calendar

2018年5月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.1.1