山北駅観察6[9]

長いホームの向こうから電車がやって来ました。

ホームを有効に使う長い編成はもうやって来ないんだろうな。



道了大薩垂、と書いてあるようです。大正10年に建てられたようです。

木造詰所を国府津方2番線から記録、ホームギリギリまで建っているのですね。

1番線側も同様です。

入口引き戸もすっかり塞がれていました。

寂しくなった駅本屋前構内側、都会ならば再開発されるのでしょうが、もうずっとこののままなんだろうな。

そうこうするうちに電車も到着、乗り込んでからホーム上のベンチを記録してオシマイです。

静岡スタイルのようなそうでないようなちょっとビミョーなカタチですね。

「ブログ村鉄道模型」はコチラです。

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

カウンタ



Calendar

2018年5月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.1.1