鷲津駅観察1[16]

鷲津駅は2面3線構造でレール支柱の跨線橋のある駅です。

浜松?豊橋間は降り立っていない駅も多く、これからの課題ですね。



2・3番線の跨線橋階段は右手熱海方・左手浜松方両方に降りられるタイプとなっています。

地方駅で両側に降りられるタイプは少数派ですね。
熱海方にはレール支柱上屋が残っています。

反対の浜松方は跨線橋降りてすぐの部分だけレール製となっていますが、その先は造り替えられています。

1番線駅本屋前はH鋼製支柱....

かと思ったらレール製ですね。

屋根の梁にもレールが使われています。

構外に出てから振り返って改札を記録、自動改札となっています。

駅本屋はRCの新しいモノでした。

跨線橋はオリジナルに近い原形を保っているんだけどな。

まだ続きます。

「ブログ村鉄道模型」はコチラです。

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

カウンタ



Calendar

2018年5月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.1.1