大歩危駅観察2[72]

大歩危駅改札前から構内を見渡してみます。

ホームと駅本屋が構内通路でつながっている駅の正しい風景ですね。駅の向こうに見える橋のアーチがいいですね。



では駅本屋に入ってみます。昔ながらの切符売り場窓口が使われていると思いきや....

駅は無人駅となっていて、駅員室側も開放されているのでした。きっぷ売り場窓口を駅員さん視点で見るコトなんて滅多にありません。

休憩所に転用されてしまっているようで、机等はありません。

それでも間取りは駅員室として使われていた頃の名残が残っていて、和室があったり....

水回りも残っていたりします。

現役の頃は窓がこんなに開放的ではなかったとは思いますが、駅員室の雰囲気は残っているのではないかと思います。

きっぷ売り場窓口も総てこんなに開放的でも無かったかな?

天井は梁がむき出しになっていますが、コレも改装されているのでしょう。

色々変わっているのでしょうが造り付けの机は現役自体のままでしょう、年季が入っていました。

まだ続きます。

「ブログ村鉄道模型」はコチラです。

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

カウンタ



Calendar

2018年5月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.1.1