高知駅観察2[76]

高知駅に到着してすぐに駅構外に出てしまい、後でロクに構内を記録していないコトに気づきました。高知で1泊したので翌朝記録します。

夕方は人が多かったのですが、さすがに早朝は人も疎らです。



2面4線ですがちょっと変わった使い方で、1・2番線が特急上下線、3・4番線が上下線普通列車となっています。

ホーム上の売店の有無で分けているようで、ある意味合理的ですね。
特急は早朝から走っています。上り1番列車は高松行の「しまんと」です。

まだ明けきっていない空のもと2・3番線を記録、ホームは新しくて面白くありません。

そんな中、特徴的なのはホーム中央付近を覆う大きな屋根でしょうか。

構造材は鉄骨が使われているようですが、屋根は板張りとなっています。
この大きな屋根は中央付近のみで、窪川方や....

阿波池田方はホーム上に支柱がある小さな上屋となっています。

新しい高架ということもあり、線路はスラブ軌道となっています。

駅標も記録。

1・2番線で観察していましたが、乗る列車は普通列車なので3・4番線に移動します。一旦改札階まで戻りますが、改札階には鯨のしっぽレプリカが展示されていました。

土佐の鯨ですね。
高知駅はコレでオシマイです。

「ブログ村鉄道模型」はコチラです。

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

カウンタ



Calendar

2018年5月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.1.1