新改駅観察3[79]

新改駅では次の列車まで時間があるので駅前の道を下ってみます。

整備された法面に百合が咲いています。



山道を下って行きますがひと気は全くありません。

更に下るとヘアピン登場。

送電線工事の林道が分岐しています。

や、それだけではなくて「大法寺観音堂 武田勝頼墓」の看板もあります。

調べてみるとこの付近には武田氏落人伝説があるのでした。しかしまぁ甲斐の国から逃れてきたとすると凄いですな。
ヘアピンを更に下ると煙突が見えてきました。

どうやら産廃処分場のようです。

このまま下ってもひと気は無さそうなので駅に引き返します。
駅の近くまで戻ってきて見上げると信号機。

ホーム裏の踏み跡をたどってその信号機付近に行ってみます。

左手が新改駅、右手は阿波池田方のトンネルです。
トンネル手前に何やら遺構があります。

信号所時代の名残でしょうか?
まだ続きます。

「ブログ村鉄道模型」はコチラです。

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

カウンタ



Calendar

2018年5月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.1.1