引田駅観察4[8]

引田駅3番線に下り列車が停まっていますが、客扱いしていない後ろ寄りの車輌はホーム上にもいません。

跨線橋に少しでも近いところに停めて利用者の利便性を図っているのでしょうか。



改札入って左手には駅本屋外壁に沿ってベンチが2脚置かれていました。

何故かタイプが異なっています。
跨線橋で3番線に戻ります。高松方を再度記録、1番線が本線であるコトがよく判ります。

戻ろうかと思いましたが長時間停車のため時間はまだあります。もう一度駅本屋を観察しましょう。

駅本屋に戻ってきっぷ売り場と券売機、券売機は据え付け式ですが簡易タイプです。

やっぱりラーメン屋の食券券売機に見えちゃうんだよな。
いま一度駅本屋、庇だけでなく屋根にも明り取りがあるのですね。

駅本屋天井を見上げたら明り取り部分が見えました。

駅本屋内は明確に待合室が分離されていません。壁際にベンチが2脚あるだけでした。

屋根に明り取りがあってもやはり暗いので照明もありますよ。

とはいえ、夜は暗そうな雰囲気でした。
もう見るモノも無くなってコレで観察を終えました。

「ブログ村鉄道模型」はコチラです。

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

カウンタ



Calendar

2018年5月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.1.1