安房小湊駅観察2

安房小湊駅の跨線橋を上ります。

房総では少数派の壁のある跨線橋です。



壁があるといっても簡易タイプで、窓があるワケでもなく吹き抜けですがね。

1番線安房鴨川寄りはホーム外側に柵がありますが....

外側には線路があります。

保線用になっていますが元は貨物線でしょう。
オーバークロスする道路の橋桁がホーム際に迫っています。

但し外側もちゃんと処理されていますから、やはり貨物扱いがあったように思います。

中途半端な広さがありますが、2線あったのでしょうか。

駅本屋側に戻ります。屋根を伸ばして回廊としており、支柱は木製です。

改札前は片流れですが、途中から凸屋根ですね。

支柱はレール方向のみ梁が入っています。

それ程規模が大きくないので枕木方向の梁は不要なのでしょう。
まだ続きます。

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

カウンタ



Calendar

2019年5月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.1.1