吉永駅観察6[42]

券売機の上には路線図が掲げられていました。

瀬戸大橋線は描かれていますが駅は児島までとなっています。四国が遠くなったな。



待合室には新しそうなベンチが数脚、改装されたのでしょう。

駅前は高い建物もなくて静かな雰囲気です。

駅本屋出て右手、貨物施設があったとすればコチラ側なんだがな。

駅前広場だというのになかなか古そうな木造家屋が現存しています。本線でも結構田舎なんだな。

振り返って駅本屋、改装されたのか建て替えられたのかそれ程古さは感じられません。

駅前の古い民家とは対照的ですね。

造りからすると旅館か食堂だったような雰囲気ですね。
駅本屋に戻ります。やはりラッチが印象的ですね。

駅構内に入ってからも記録、石造り(?)ではないようですが、上端に貼られたステンレス帯が懐かしいですね。

ホントに貨物列車が多く、また3番線をコンテナ列車が走り抜けていきました。

コレで昨年11月の四国遠足での駅観察は終了となります。

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

カウンタ



Calendar

2018年5月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.1.1